イタリア

芸術の国、イタリアへようこそ。

小さな町や村のそれぞれには、2000 年以上の歴史を誇るフレスコ画、写真、絵画、彫刻、建物、教会、宮殿などの貴重な遺産があります。この国の石の一つ一つには、実に語りきれないほどの物語が刻まれています。

イタリアはこのような広大な文化遺産の国であるというだけでなく、スタイルとファッションの発祥の地でもあります。

最もパワフルで魅力的なものを生産する工場でもあります。
一年中輝く太陽が住む人の心を暖かくし、バラエティに富んだ独創的でヘルシーで美味しい料理を楽しめる、住み心地の良い場所です。
住宅を購入しそこで 余生を過ごすにも、年に数ヶ月間だけ暮らすにもふさわしい地です。

イタリアへようこそ

イタリアでの住宅購入方法について

当社CENTURY 21 は、購入契約 (通常は「rogito(ロギト)」と呼ばれます) が署名されるまで、買収のすべての段階においてお客様をフォローいたします。

ステップ 1 - 提案 (「Proposta(プロポスタ)」) と事前契約 (「Preliminare(プレリミナーレ)」または「Compromesso(コンプロメッソ)」)

この予備的合意は(たとえそれが個人的に締結されたとしても)、法的に強制可能な義務を生み出します。仮契約を完了する前に、買い手はイタリアの納税番号を取得している必要があります。

ステップ 2 - 最終契約 -(「Rogito(ロギト)」)

イタリアでは外国人を含む市民を保護するために、この分野の専門家である公平な公務員、つまり公証人によって契約書 (一般に「ロギト」と呼ばれる — 購入プロセスの最後段階) が作成されるように義務付けられています。

イタリアの不動産税

固定資産税は、不動産の市場価格の 1%をはるかに下回っています。イタリアは相続税が最も低い国の一つです。

個人間の不動産売買の場合、登録税、抵当権および土地登録税は、買主が公証人に支払い、公証人はそれらを登録時に政府税務局に転送します。

均等税

イタリアは、税務上の居住地をイタリアに移す外国人に対して新しい課税制度を導入しました。イタリア国外で得た所得のほとんどは、ユーロ換算で年間10万ユーロ、均等税の対象範囲となる家族構成員1人につき年間2万5千ユーロに課税されます。さらに、この税制の恩恵を受ける個人は、イタリアの税務当局に代わって外国保有資産を監視する義務が免除されます。

イタリア - トップの物件検索エリア

居住用 売買物件 (28) Lazio (26), Sicilia (2)
住宅物件(賃貸) (7) Lazio (7)
土地(売買) (2) Lazio (1), Sicilia (1)