CENTURY 21 United States

Century 21 Real Estate LLC

International Headquarters

175 Park Ave

Madison, NJ 07940

United States


米国

米国における不動産売買取引

米国はいつも「チャンスの国」と呼ばれてきました。特に不動産投資において、それは真実といえるでしょう。

外国人にとっての大きな魅力は、海岸、山、砂漠、平地など、米国には様々な地域があることです。趣のある農村地域もあれば、エキサイティングなシティライフもあり、季節によって変化する地域もあれば、1年中50度(華氏)を超える地域もあります。

地域に多様性があるように、住宅のチョイスも様々です。米国には歴史のある邸宅、新築の両方があります。一戸建て、二世帯住宅、コンドミニアム、タウンホーム、都市部のアパート、牧場、農場など、どんな物件でも米国では見つけることができます。

 

どこで誰が購入しているのか?

米国はメルティングポットです。最も話されている言語は英語ですが、一部では、スペイン語、中国語、日本語など、殆どあらゆる言語が話されています。これらの市民は特定の地域に居住しており、通常、同じ言語を話す大きなグループが米国のある特定地域に居住しています。

• 米国で不動産を購入する外国人のトップはカナダ人で、アリゾナ州、フロリダ州などのサンベルト州、シカゴなど中西部で購入しています。カナダ人に次いで、中国人(本土)、香港人が米国で不動産を購入しています。

• マイアミのダウンタウンは、アルゼンチン、ブラジル、ベネズエラからの不動産購入者を引き付けていますが、ヨーロッパ人、特にフランス人も南フロリダで購入しています。手頃な値段のウォーターフロントの不動産が魅力となっています。

• フランス人、アルゼンチン人はニューヨーク市でも不動産を購入しています。また、韓国人はニューヨークメトロエリアの投資物件、西海岸のコンドミニアムを購入しています。

 

外国人購入者の法的・税金上の留意事項*

米国で物件を購入するのに米国市民である必要はありません。米国での購入プロセスについてお知りになりたい場合、米国の一般不動産慣行に関する基本情報が役立つでしょう。

• 基準は銀行によって異なりますが、殆どのローン資格のある外国人は40%の頭金で住宅ローンを組むことができます。銀行が外国人に対して住宅ローンを提供する際、住宅ローン以外の長期的関係を要件とすることがあります。一部の銀行では$100,000の預金を要件としています。

• 外国人の購入者は通常クロージングに立ち会う必要はありません。クロージングで代理を務める、委任状を持つ代理人を立てることができます。

• 外国人購入者の納税義務は米国居住者と異なり、母国の米国との租税条約によって変わってきます。

*米国での税金、母国での税金、法的事項に関する詳細については、弁護士、税務顧問に相談してください。

 

出所:

http://www.realtor.org/sites/default/files/2012-profile-international-home-buying-activity-2012-06.pdf

アメリカ - トップの物件検索エリア